シロアリ駆除なら大阪のシンエイハウスへ:HOME >>シロアリのすべて >>シロアリの被害って怖いの?被害例

 

シロアリの被害って怖いの?被害例

シロアリ被害例

シロアリ被害のもっとも恐ろしい点は、住人が「気付けないこと」です。家屋は自分が蝕まれていることに対して、悲鳴を上げることができません。住人が気付いたときには既に被害は相当深刻な状態まで進行していることが多いのです。こちらではシロアリによる被害について具体的に写真でご紹介します。

◆土台と柱の被害
シロアリは地中から家屋に侵入してくることが多く、そのため土台、床束、柱の下部が食害に遭うことが多くあります。放っておけば家屋の構造自体にまで影響が出るケースが多く、地震が起こった場合に耐えるだけの力を持たず、家屋が倒壊する危険性すらあります。

◆小屋組の被害
柱や壁などを食い荒らした末に、天井裏の小屋組にまで被害が及ぶことがあります。

◆床板の被害
床下より侵入してきたシロアリは床板を食い破り、その上にある畳にまで食害を及ぼすことがあります。場合によっては床の上の家具にまで被害は及びます。

◆モルタル壁内部の被害
モルタルやコンクリート壁の内部は、暗く温暖で多湿です。シロアリがもっとも好む環境の1つであり食害を受ける可能性の高い場所です。

◆鉄筋コンクリート造校舎の床板の被害
高度経済成長後に増加した鉄筋コンクリート造りやブロック造建物。たとえコンクリート造りであっても、飛来したシロアリが巣を作り繁殖すれば、その場にある木材や家具はどんどん食い荒らされていくことでしょう。

◆新建材の被害
シロアリは木材以外のプラスチックや合成ゴム製の新建材にも、たやすく被害を与えます。特に発泡スチロール、発泡ポリウレタン系の建材は、木材よりも好んで食い荒らす傾向にあります。

◆紙類の被害
保存している大事な資料もシロアリが食い荒らしてしまいます。押入に保管していたり、壁に沿って積み重ねていたりする場合は要注意です。

◆ケーブルの被害
鉄道沿線や建物内のケーブル・電線類がシロアリに食害され断線し、運転事故や電気・通信障害事故を引き起こすこともあります。

◆鉛板の被害
金属であっても薄い板や比較的軟らかい鉛は、シロアリによって食害を受けることがあります。

◆コンクリートの被害
シロアリはときに、レンガやコンクリートに穴をあけて侵入してくることがあります。場合によっては、コンクリートの割れ目を広げて、建物内部に侵入してくることすらあります。

ご自宅を襲うシロアリの影に気付いたら…一刻も早い駆除が必要です!
>>「無料調査・無料相談

無料調査・無料相談はこちらから